普段優しい息子の意外に厳しい一言とは?



こんにちは。幼稚園の年少さんになったばかりの4歳の長男坊と0歳7ヶ月のプニプニもっちり次男坊の二人の兄弟を育児中です。



長男は基本的にすごく優しいです。
比較的丁寧な物腰ですし、何か伝える時も優しいトーンで話してくれます。


しかし、たまに優しいトーンゆえに厳しさを感じることがあります(^o^;)




はい・・・・。掃除が行き届いてなくてすみません。。。(撃沈)



いや、体調不良の時期が続いたり、次男の夜泣きが激しくて、夜子供が寝てから掃除に降りてこられなかったりすると、家がすごーく、すごーーーーく荒れます

めっちゃ散らかっているので、「家が汚いね。掃除しないとね・・・。」と確かに私もつぶやくこともあるんですが、この時は不意打ちで、

「お母さん。今日はばんがって(頑張って)、お掃除、しよ?」

とすごく優しいトーンで諭されます。
はい。頑張ります。


僕もばんがるから。。とか言われると自分のダメ母っぷりを突きつけられるようで、胸が痛みます(;o;)



掃除事件以外にも優しい物腰の鬼になります。






まだ次男の夜泣きが一晩で4回ほどあり、毎日気絶しそうに眠いです。なので、次男が奇跡的に布団でお昼寝してくれると、横で一緒に寝たいんですよね・・・!



ですので、起きている長男に、
「お昼寝してもいい?」
とお願いするのですが、


「コーヒー飲みなよ。目、覚めるよ」

あ、はい。





簡単には許可くれません(涙)

でもコーヒーを勧めてくるあたりに丁寧さを感じますw
体の調子を気遣ってくれたり、眠い母を心配してくれたり気遣いの人ですが、、、、



長男は意外に厳しい男です。


どんなに優しくても自分の欲求には勝てないようです(母と遊びたい。外に行きたいなど)。子供らしくてそういうところも可愛い!と思うんですけどね(^^;)
  

ツイッターでにゃぐははをフォローする

0 件のコメント :

コメントを投稿