押してダメなら引いてみろ!泣いても抱っこまでが長い二人目育児な次男の泣き泣き戦略とは?

こんにちは。にゃぐははです。
現在4歳と0歳の可愛い息子たちを育児なうです。


二人目育児だからでしょうか?0歳の次男が多少泣いていても、誤飲や転落などの危険がなければ、自分自身の食事やトイレなどを先に済ませてしまいます。ごめんなさいですけれど、泣かしたまま。

でもちゃんと危険が無いか、眺めながらしているよ。



しかしそんな鉄の心臓を持っていそうな母である私ですが、逆に黙られると罪悪感や不安からすぐに駆けつけてしまいます。だって、すっごい目で見てくるんですもの。

次男自身は特に計算してこの行動をとっているわけでは無いでしょうが、「押してダメなら引いてみろ作戦」もとい「泣いてダメなら切なく見つめろ大作戦」は母の心にドンピシャで効果ありました。

だって、元気に?泣かれていると、「あ〜はいはいちょっと待ってね〜。これが終わってからね〜。」ってできるんですが、悲しそうな、恨めしそうな、切なそうな・・・いろんな感情を感じさせるような目で見つめられるとドキドキするし、可愛いっとも思うし。しかも静かに健気に待っているともうたまらん!状態になるんですよね。あと、静かだと体調大丈夫か?とかも気になりますし。



とりあえず、潤んだ瞳で見つめる息子が可愛いってことですね。

  にほんブログ村 子育てブログ 育児漫画・育児絵日記へ
  

ツイッターでにゃぐははをフォローする

0 件のコメント :

コメントを投稿