【育児絵日記】幼稚園に入園したけど泣いてないと思ってた息子の本当の気持ち

我が家には年少さんになったばかりの長男めーめーがおります。
彼の誕生日は4月の後半でして、幼稚園入園してすぐに4歳になりました。

ちょっと前の入園して1週間ほど過ぎた頃の話です。

 


めーめーさん・・・。そんなに幼稚園いやなの!?とちょっと心配になりました。

幼稚園が始まった日から、長男は特に泣くこともなく、しかし笑顔でもなく、無表情で淡々とバイバイして幼稚園に入っていきます。楽しいのか行きたくないのかもわからないくらいの淡々っぷりでした。先生に聞いても「泣いてもないですし、しっかりしてるから、みんなの見本をしてもらったりしてるんです!」と言われ泣いてたり嫌がってるような話は全くありませんでした。


周囲は泣く子も多い中、「まあ順調かな?」くらいに思っていたので安心していたところに、「実は幼稚園よりも公園派」発言で焦りました。

しかし、彼にとっては「友達(同じ年代から年長くらいまでの子供全て)」と遊ぶことが重要なのでそんな友達がたくさん存在する幼稚園を本気で嫌がらないのでは?とも思いました。だって幼稚園行かないと、一緒に遊んでくれる友達を探す長い旅に毎日でないといけないのよ・・・?最近山盛りいたのは春休みだったからよ・・・?夏とか冬とか妊娠中とか2〜3ヶ月の次男とか、お母さんは長い旅が結構辛かったのよ・・?ああっ!!


最終的には、

  • 幼稚園児が春休みのタイミングで公園にワラワラいただけで、普段はあんなにたくさんはいないこと
  • 幼稚園のある時はみんな幼稚園に行っているのでいないこと
  • もしどうしても幼稚園がいやなら一旦やめてもいいこと
を説明すると納得したのか、無表情ながら前向きな「頑張る」という言葉をもらえました。

頑張れめーめー。頑張れ全国の年少さん!
  

ツイッターでにゃぐははをフォローする

0 件のコメント :

コメントを投稿