成長って人それぞれ

こんにちは。にゃぐははです。4歳と0歳の男の子を育児中です。



長男、歩くの遅かったな〜という思い出


最近言葉を真似したり、一人立っち、つたい歩きと勢いよく成長している次男を見ていると、長男がどんな風に成長していたか思い出すことも増えてきました。長男は言葉は比較的早かったのですが、体を動かすということに関しては非常にゆっくりでした。

つかまり立ちし始めたのは11ヶ月、一人で立ったのは1歳を超えてから。一人で歩き始めたのは一歳半前でした。なので、ずーっと手をつないだ状態で歩いてました。


一人目の子である長男。元気なのでまあそのうち一人で歩くだろうと放っておいてたのはいいけれど、1歳5ヶ月過ぎてそろそろ焦ってき始めました。周りはみんな一人で歩いているからね・・・。4月生まれなおかげで同級生はみんな小さかったので、焦るのが遅いくらいゆっくりだったかもしれませんが(^^;


少し心配してきたので、風邪をひいたタイミングで小児科医に相談したところ、
「大丈夫。足はしっかり育ってる。ただの慎重派。」
という返事をもらいました。


し・・・慎重派なだけ・・!?


と当時はなりましたが、その通りでした。1歳半前のある日、一人で歩き出しました。感動した次の日には一人で走り出しました。


・・・・。足はよく育ってたよ。その通りだったよ・・・。


ということで、フラフラよちよち歩きの期間がゼロだった長男でした。


次男はフラフラで歩きそうだな〜という感じがプンプンしているので、コケる対策をしないと・・と考えております。フラフラよちよちの赤子がいるお母さん方は何か対策とかしているのかな〜?


おしゃべり君だけど、苦手なこともある


長男はすごくいろいろなことを知っています。そして、覚えた知識を言葉で表現してくれます。また、母や周りの人たちにその知識を教えるのが好きです。なので彼とは結構難しい話もしたりします。なので、おしゃべり上手だな〜と母は思っています。


ただ、長男はサ行がうまく言えません。「さしすせそ」が「たちつてと」になってしまいます。本人もそれに気がついていて、アイウエオ表を読んでいても、サ行は言うのを嫌がります。

私は本人にサ行が言えないことを指摘したことはないですし、彼の言っていることの99%くらい理解できるので親子の間でのコミュニケーションでサ行問題が露呈することはありませんでした。しかし、成長してきて家族以外と関わることが増えてくると、他人から指摘されるケースが増えてきます。


最初は我がKY実母バービーによる「はい!た・るじゃないよ、さ・る!言ってごらん!」から始まり(ここは二度と指摘するなとクレームあげた。)、近所の年長さんや小学生さんからの「何言ってんの?わかんないんだけど〜。「さ」が「た」になってるう〜」というちょっぴり小馬鹿にした指摘など、いろいろとあるようです。


そんなことが積み重なったせいか、本人も結構気にしているようで、「サ行が言えない」というようになりました。その話をされると母は少し切ない・・。理解する前に治ればよかったんだけど、変に頭が回るからか理解してしまって本人も悲しい気持ちになっている感じで・・・。うう。


母としては、彼の話し方がすごく好きです。言葉の選び方、喋り方、声のトーン、サ行がタ行になること、ちょっと吃音があること。この全てが愛おしくて大好きなんです。彼の優しさと誠実さが見えるような喋り方が好き。まあどんな喋り方でも大好きなんでしょうけど(^^;


どのように対応するのがベストなのか、私にはわかりません。うまく対応できているとも思えません。ただただ、あなたと話すことが楽しいです。あなたの話し方が好きです。ということだけは態度や言葉などで示し、いつでも彼との会話を楽しむようにしています。


ゆっくり彼のペースで成長してくれたらな〜と思いつつ過ごしています。
何が正解なのかな?どうすればいいのかな?というところは気になりますが、本人に強く意識させるのは悪い手だと思っているので、そっとしています・・・。





スポンサーリンク




ツイッターでにゃぐははをフォローしてみませんか?



↓ランキングに参加しています!
1日一回ポチッと以下を押して応援していただけると嬉しいです!!!!!!

  

ツイッターでにゃぐははをフォローする

0 件のコメント :

コメントを投稿