【育児絵日記】息子のちょっとズレた感性

長男はちょっと感性がズレています。可愛い💕って言うものや、質問の答えなどが、
「え?」
と聞き間違えたかと思うようなことを言うことがあります。

例えば、
「鼻の長い生き物ってなあに?」
と質問すると、ほとんどのみなさんがあの生き物を想像しますよね。


そうです。象さんです。
しかし息子は違います。なぜか、


天狗です。
あえての天狗です。生き物っちゃ生き物ですが、なぜそれを選んだ?と疑問がつきません。普段動物が大好きなくせに、ここであえて動物を外してきます。



他にも「可愛い!」と思う生き物もズレてます。何か図鑑を見て
「可愛い〜💕めっちゃ可愛いよお〜💕お母さーん見て〜!」
というので見に行くと、まさかの金目鯛


金目鯛って可愛いですか?私には可愛さはわかりません。
理由を聞くと、お目目が大きくてキラキラしているから可愛いそうです。
確かに、ハムスターや猫やうさぎとかも好きなので、黒目がちで目が大きい生き物が好きなのは知っていましたが、それが魚にも適用されるとは・・・。


「金目鯛は煮付けにすると美味しいよ。食べれるよ。」と話すと、
「こんなに可愛いのを食べるなんて!いや!食べない!」
と、鬼を見るような目で母を見ながら言っていました。

やっぱりちょっとズレている長男です。
  

ツイッターでにゃぐははをフォローする

0 件のコメント :

コメントを投稿