人類を哲学する。〜心配性の息子と泣き虫母ちゃんと楽しいママ友と〜

こんにちは。にゃぐははです。
現在4歳と0歳の可愛すぎる男の子たちを育児中です。



うちの長男はちょっぴり心配性。恐竜の絶滅や人の生死に関する話をどこからか入手してきて、色々と不安がいっぱい。



「人間っていつ死んじゃうの?」
と質問されました。


これは、将来訪れるかもしれない人類の絶滅という大いなるターニングポイントがきてしまうことへの恐怖らしいです。恐竜に関して図鑑で大量の知識を仕入れ続けている長男さん。隕石の衝突によるものなのか、すでに氷河期がきていたことによるものなのか、火山が大噴火したせいのかは不明ですが、なんらかの理由で地球上の覇者であった恐竜という種族が過去に絶滅したという事実が彼を不安にさせています。


そんな彼に、母は追い打ちをかけるように、隕石などの衝突や太陽などの近くの大型惑星の爆発、核兵器などの人類による破滅などの可能性を真面目に示唆してしまったもんだから(おバカ母)、その後が大変。



泣き始めました。
「人間が絶滅するってことは僕も死んじゃうんだ・・・。人間が絶滅するのって怖いよ・・・。ぼくが死んだらお母さんは悲しいでしょ?」と。



あああああああああ!!!!
もちろん悲しい!というか、悲しいどころじゃなく、その後生きていけるか、生きているところが想像できないくらい頭おかしくなる!!!!


となり、二人で大泣き。今も想像しそうになったら嘔吐しそうになりながら嗚咽します。やめて。お願いだから、そんなこと言わないでよ・・・。



なので、お母さんよりも絶対に長生きするように長男へお願いしました。そして約束してくれました。宜しくね!!!!!!!!!絶対よ!!!!!!!


息子は私にも超長生きして欲しいらしいので、頑張る。100歳まで長生きするよ!ということは、夫は私よりも1歳以上長生きする約束なので(夫婦間での約束)、お父さんは101歳まで生きるね!やったね!


というか、人類が絶滅するような状況の中でも長男の考えでは、お母さん生きているんだね。私最強説。






という親子のとんちんかんなお話を近所のママ友にすると、
「へ〜!わかるわかる〜!長男くんの気持ちわかる〜!」
とまさかの共感。


そして、こちらが「え?」となるくらい共感してくれました。





え、ええと、、、大丈夫かい?



私はそんな心配性な長男とママ友が好きです。




にほんブログ村 子育てブログ 育児漫画・育児絵日記へ
  

ツイッターでにゃぐははをフォローする

0 件のコメント :

コメントを投稿